開発をまとめるSEの役目

Filed in 開発をまとめるSEの役目 はコメントを受け付けていません。

システムエンジニアはプログラマーやエンジニアとして経験を積み、自社業務のテクニカルな側面を把握した段階で就任するケースが多く見られます。
システムエンジニアの仕事はクライアントからシステムの機能面の要求を聞きだすことから始まり、この要望を実現させるためにシステム設計を行うことが基本です。
また、クライアントの求めるシステムを仕様書として作成し、システム開発を担うプログラマーやエンジニアに制作の指示を出す事が重要な役目とされます。
その為、このポジションはシステム開発においてリーダー的な役割を担う存在であり、自社のスタッフのまとめ役です。

システムエンジニアの仕事は自社のスタッフだけではなくクライアントの担当者や企業の責任者と接触する機会も多くなります。
その結果、システムの概要を説明するプレゼンテーション等を行う機会も頻繁にあり、技術者としての能力に加えてプレゼンのスキルや交渉力なども必要とされるのです。
従って、対人スキルが不足している場合は不安を感じる事があります。
この不安を解消する為にはクライアントとの対話の中でコミュニケーションスキルを高めていくことが大切です。
さらに、プロジェクトを通じて自社スタッフと共同作業を行い信頼を築き上げる事も重要です。
自社スタッフを統括する能力を身に付けるためには職場での責任者としての振る舞いも重要です。
その為、プログラマーやエンジニアなど技術スタッフの苦労にも配慮しながらプロジェクトを進行する事が必要とされます。

TOP